老後の貯金2000万必要と言ってましたが、夫婦でって場合ですよね?一人なら単純に1000万てことですか?会社に入って、きちんと年金を払っているかにもよります。 「夫婦老後に2000万円」って当たり前じゃないですか? 今、この発言で問題になっていますが、いくつまで生きるにしろ老後に2000万円くらいの蓄えをしておくことくらい当たり前じゃないですか?こうい … 老後の資金は... 「定年後の生活やお金のことについて考えると漠然とした不安を持ってしまうけど、定年までにいくら貯めたらいいんだろう?夫婦で60歳までに貯蓄する... 「老後もこのまま1人での生活を考えているけれど、独身男性の老後資金の目安はいくらなんだろう?」 夫婦の老後資金は2000万円必要と金融庁は試算しましたが、年金頼みは限界とし資産形成を促しています。果たして生活目線で不安解消策はあるのか。不安を解消するため補完する役割を担う制度はあるのかを調べてみました。 老後の資金はいくら必要なのでしょうか? 老後資金に必要な金額は2000万円とも4000万円とも6000万円とも言われています。 老後資金2000万円説、4000万円説、6000万円説の根拠はどこからでるのでしょうか? 実際はいくら必要なのでしょうか? 老後の一人暮らし場合、毎月必要な生活費は平均15.3万円程度と言われています。しかし、このデータ、住居費が1.8万円の計算なんです。つまり、持ち家の方を含めた平均になっているんです。では、実際には「老後の生活費っていくらかかるの? 「老後2000万円問題」の2000万円。この額は夫婦世帯の金額です。しかし、国民年金だけの個人事業主の場合、基礎年金だけで6万5千円しかもらえません。今回のシミュレーションでは単身者だと3212万円、夫婦世帯で3008万円が不足という結果でした。 以上『「老後資金は3000万円」という説が正しくなりつつある話』でした。 いかがでしたか? 老後資金は2000万円から3000万円必要という説が正しい雰囲気が漂い始めています。 しかし、この試算は今の年金の額を想定してのものです。 老後資産 での突発費用. 老後資金は2,000万円問題は 「平均値で算出すると2000万円くらい足りなくなりそうだよ」 。 でも結局は 「老後の生活は人それぞれ違うからちゃんと考えて今から備えてね」 ということでした。 1.1 高齢無職世帯の毎月の不足金額は約5.5万円; 1.2 65歳から95歳まで生存する可能性は25%; 1.3 簡単な掛け算で導かれる老後2000万円という数字; 2 老後2000万円報告書の問題点①:収入が平均的になっている 老後の生活費として年金以外に必要だといわれる貯蓄2000万円。還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円だったが、7割弱が2000万円以下だった。 老後資金2000万円が夫婦2人の必要額? あなたは、老後資金2000万円が夫婦2人の必要額だと思いますか? 結論を先に言うと下記をモデルケースとした場合、 普通の老後の生活 を送るための老後資金は 2000万円も必要ないはず 。 【モデルケース】 老後の1カ月あたりの生活費と準備しておきたい貯蓄額、平均は? 2020年はコロナに関するニュースなどが席巻し、すっかり忘れられた感がありますが、2019年6月に金融庁が「老後資金が2000万円不足する」と発表して多くのメディアで報じられたことを覚えているでしょうか? 金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書から老後2,000万円というキーワードが世間を席巻しました。老後2,000万円必要と言われ、驚いた方もいると思います。なぜ、2,000万円なのか?加えて、老後資金の準備のコツをファイナンシャルプランナーが解説します。 老後2,000万円問題の発端となったのは、金融庁の金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の内容です。 この報告書の内容は、「夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯では、毎月の収支の不足額が約5万円となるため、老後が20~30年だとすれば … 「公的年金だけでは、老後のお金は2000万円足りない」。有識者らでつくる金融庁の審議会がそんな報告書をまとめた ——。「老後2000万円問題」はそう報じられて大きな反響を呼び、国会でも政権と野党の対決の焦点になっています。「2000万円も はじめてでも使いやすい商品が多く、楽天ポイントをゲットできるサービスも。 老後のための資金を貯めようと考えたとき、実際のところ「いくら必要なのか」がわからなければ目標も立てづらいでしょう。1,000万円、3,000万円、5,000万円と諸説あり、高額すぎてピンとこない方も多いはず。そもそも老後資金が何なのかわからないままでは、漠然とした不安が付きまといます。この記事では具体的な老後資金の計算と、要領のいい貯め方についてまとめました。, 楽天証券は低コストではじめられる、続けられる資産運用のサポートが特徴。 老後資産は、いくら必要という記事は、たびたび紹介しているが、今日は、「目安は65歳で金融資産5000万円以上」という内容だ。以前の記事では、1000万円、4200万円と紹介したが、今回は、5000万円である。ゆとりある老後を過ごすための老後 「老後資金2,000万必要」というニュースが話題ですが、老後生活に必要な資金はいくらなのでしょうか。サラリーマン世帯の場合、65歳の公的年金受給開始時に必要な資金は約1,700万円、「ゆとりある老後生活」のために必要な資金は約3,200万円の準備が必要になります。 老後に必要な生活費や準備の方法を具体的に考えたことはありますか。厚生労働省の「平成29年簡易生命表の概況」によると、女性の平均寿命は87.26歳。平均寿命は年々延びており、老後の期間が今まで以上に長くなっています。安心して楽しい老後を迎えるためにも、早めの対策が大切です。 いつもご視聴有難うございます。チャンネル登録お待ちしています!!https://www.youtube.com/channel/UCH9H68su8eyLzMm0etfqvHw 老後の貯蓄として夫婦2人で「3000万円必要... 「40代になってそろそろ老後の準備を始めたいけど、まずは何をしたらいいんだろう?」「老後資金の貯め方は、どんな方法があるんだろう?」 「”老後資金は2000万円が夫婦2人の必要額”という話を聞いたことがあるけれど、実際に定年後の必要資金はいくらなんだろう?」, 老後の資金は「1000万円」とか「2000万円」とか「3000万円」必要とかよく聞くけれど、実際に夫婦2人の老後資金の必要額がいくら必要なのかよくわからないという人は少なくないはず。, 確かに「人生100年時代」といわれており、自分が何歳まで生きるのかもわからないこの状況で、老後資金がいくらぐらい必要になるかを考えることはなかなか難しいですよね。, でも難しいからといって、このまま老後のお金について真剣に考えることを後回しにしてしまっては「ダメ」。, なぜなら、老後の資金は時間を味方につけて長い期間でお金を貯めることが、貯蓄の負担もリスクも少なくできるから。, 「老後を迎えてからお金が足りなかった」という最悪の状況を避けるためにも「いますぐ」老後の資金について真剣に考えるべき。, そこで今回は「老後資金2000万円が夫婦2人の必要額?定年後の必要資金はいくら?」についてお伝えしていきます。, 結論を先に言うと下記をモデルケースとした場合、普通の老後の生活を送るための老後資金は2000万円も必要ないはず。, それでは、夫婦2人で老後の生活を送るのに定年後の必要資金について考えてみましょう。, 老後に必要な資金は、簡単に言うと老後の生活の「支出と収入」の関係ですので、「支出」と「収入」のそれぞれについて明確にすることが大事。, まず、老後の生活費を算出するにあたり必要になってくるのが「あなたの寿命は何歳か」ということ。, 厚生労働省の発表している「平成29年簡易生命表の概要」によると、日本人の平均寿命は男性が「81.09歳」、女性が「87.26歳」。, 60歳で定年退職し、男性・女性ともに90歳まで元気に余生を過ごせたとすると、60歳から90歳までの30年分の生活費が必要となります。, また、生活保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」によると、夫婦2人が老後の生活を送るうえで1ヶ月に必要な生活費は下記。, 「ゆとりある老後の生活費」とは、おもに旅行やレジャー、身内とのつきあい、趣味や教養、日常生活費の充実等が上乗せされた金額です。, そこで「普通の老後」を送るための必要な生活費を上記の金額の中間と仮定すると、夫婦2人で1ヶ月あたりの生活費は「約28.5万円」。, これより30年間「老後の生活を普通におくる」ための生活費を計算すると「約1億円 ≒ 28.5万円 × 30年 × 12ヶ月」必要となります。, 老後も健康で元気に過ごしたいですが年齢を重ねると介護のお世話が必要になる可能性も。, ケースバイケースですが介護費用は1人「約500万円」程度必要といわれており、もし夫婦2人とも介護が必要になった場合の介護費用は「約1、000万円」。, 上記の費用以外にも、お子さんの結婚祝いや突発的なの冠婚葬祭、自宅のメンテナンス費等々の費用が必要。, 厚生労働省の「平成30年就労条件調査:結果の概要」によると、「大学・大学院卒業」で職種が「管理・事務・技術職」の場合、平均退職給付額は下記となっています。(「退職一時金制度」と「退職年金制度」を併用している企業の場合。), たとえば、勤続年数が「35年以上」の人の場合、平均の退職給付金は「2、493万円」となります。, 退職金がいくら給付されるかがわかれば、老後のお金の不安は格段に少なくなりますよね。, でも、もしこの退職金で住宅ローンを一気に完済しようと考えているのであれば、それは絶対に「ダメ」。, なぜならこの退職給付金は老後の大事な資金だから。住宅ローンの返済は、かならず定年退職前に完済してください。, 一般的な「夫:サラリーマン、妻:専業主婦」の場合、65歳での年金受給額は1ヶ月あたり「約24.3万円」。, ですので65歳から90歳までの25年間で受給できる年金は「約7、290万円 ≒ 24.3万円 × 25年 × 12ヶ月」となります。, あなたがどのくらいの年金を受給できるかは日本年金機構の「ねんきんネット」に登録すれば将来の年金見込み額が確認できますので、「いますぐ」確認必要です。, 調査結果によると60歳以降の平均収入は、60代前半では1ヶ月あたり「約25.3万円」。, 65歳から年金を受給し60歳から65歳まで働くとすると、得られる収入は「約1、500万円 ≒ 25.3万円 × 5年 × 12ヶ月」。, いままでの支出と収入の結果をまとめると下記モデルケースでの定年後に必要な老後の資金は「約700万円 ≒ 支出:1億2、000万円 - 収入:1億1、300万円」。, ということは、この結果からは普通の老後の生活を送るための定年後の必要資金は「約700万円あれば大丈夫」。, でも、ちょっと待ってください。もしあなたが「そっか、普通の老後の生活を送るのであれば、定年後の必要資金は約700万円あれば大丈夫なのか!」と思ってしまったのなら、それは大きな勘違い。, なぜなら、これははあくまで一般的な平均値での話であって、「約700万円」があなたが必要とする老後の資金ではないから。, あなたがやるべきことは「いくらあれば夫婦でこころ豊かな老後の生活を送れるか」というあなたの老後のライフプラン(生活設計)を明確にすること。, 「老後を迎えてからお金が足りなかった」と後悔する状況を避けるためにも「いますぐ」老後の資金について真剣に考え、「ライフプランを明確化・計画・行動」を開始してください。, 老後資金の貯蓄方法には、「預貯金」「確定拠出年金(iDeCo)」「つみたてNISA」「株式投資」「投資信託」等、さまざまな蓄え方があります。, それぞれの貯蓄方法の特徴については「老後資金の貯め方は?老後の資金作りにおすすめの貯蓄方法とは!」で詳細を紹介しておりますので参考にしてください。, これらの貯蓄方法の中でも、「長い期間で少額のお金をコツコツと蓄えたい」という人への一番のおすすめは「積立投資信託」。, 「積立投資信託」は投資する商品や運用の手法などは投資のプロの「ファンドマネージャー」が行ってくれますので、資産運用の初心者でもすぐに始めやすいというのが特徴です。, また、積立投資信託は「運用利回りが良い」「相場に一喜一憂せずに安心して運用できる」ということが大きなメリット。, 「運用利回りが良い」ということは毎月少額でも積立投資信託で長い期間運用していけば、お金が増えやすいということ。, たとえば、老後の資金を貯蓄するために月々3万円のお金を捻出し、運用利回りが5%だった場合で毎月3万円を20年間運用すると、最終積立金額は「約1、230万円」となり、投資元本の「720万円 = 3万円 × 12ヶ月 × 20年」に対し、約510万円の利益となります。(手数料、信託報酬、税金等を考慮しない場合。), これが運用期間15年になってしまうと、同条件で最終積立金額が「約800万円」、投資元本の540万円に対し、約260万円の利益となりますので、「少額でも早く始める・運用期間を長くする」ことが基本。, 相場の値動きがいつも心配で気になってしまうと、眠れない夜や仕事が手につかなくなり、心身ともにかなり辛くなります。, 本業に専念できれば本業での収入も上がり、その分を老後の貯蓄に回すことができますよね。, 「長い期間で少額のお金を積み立てて資産運用し、老後資金を補いたい」という人には、「積立投資信託」が一番のおすすめ。, 「でも、どんな商品を選べばよいかよくわからないし、資産管理も手間がかかるのでは?」と思っているあなた、そんな「あなた」におすすめなのが”今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」 ”, 「WealthNavi」のロボアドバイザーとは、時間と手間がかかる資産運用をあなたの代わりにロボアドバイザーがすべて自動で行ってくれる心強い味方。, また、運用中の資産は自動で最適に配分・調整されるので、一度運用を開始したらあとは何もすることがありません。, 大切な時間と手間をかけたくない「あなた」への一番のおすすめは、ロボアドバイザーで資産運用する「WealthNavi」。, 「”老後資金は2000万円が夫婦2人の必要額”という話を聞いたことがあるけれど、実際に定年後の必要資金はいくらなんだろう?」と悩んでいたり、どうすれば良いのかわからないことがあるかもしれません。, だからといって、老後のお金について悩んでいるだけでは何も変わりませんし、考えることを後回しにしては絶対に「ダメ」。, 「あなた」は、あなたが必要とする「あなた自身の老後の資金」について、「いますぐ」目標を設定し、計画・行動しなければなりません。, なぜなら、あなた自身と大切な家族の人生を幸せに導くことができるのは「あなただけ」なのだから。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 「老後のためにお金をためましょう!」「幸せな老後を過ごしたいなら 万円の貯金が必要です!」なんて記事を頻繁に見かける最近…。 まぁ現在は団塊の世代が老後に突入していくタイミングなので余計にこういう記事が多いのだとは思いますが、結局、いくら必要なのか? 大企業の会社員の退職金は平均2000万円強なので、平均的な生活なら退職金とは別に1500万円強、ゆとりある生活は4100万円弱の準備が必要だ。 老後資金2000万円問題のまとめ. 「老後2000万円問題」についてあなたはどのくらい知っていますか?この記事では、メディアやsnsで言われた「老後2000万円問題」とはどういうものか、2000万円の内訳や夫婦でかかるお金について詳しく紹介しています。 老後資金が2000万円不足するという数字の根拠は、総務省の家計調査の結果に基づく単純な試算で、主に年金収入に頼る高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上・妻60歳以上)が30年間生きると仮定して「月5万円」「30年で2000万円」不足するというものです。 老後... 「”老後資金は2000万円が夫婦2人の必要額”という話を聞いたことがあるけれど、実際に定年後の必要資金はいくらなんだろう?」 老後に2000万円必要とのことですが、一昔前までは、年金の他に一人当たり3000万円といわれていましたよね。夫婦なら単純に倍の6000万円です。 老後資産を検討する上では、生活費差額が11万円前後になることが多い。 生活費だけでは、夫婦2人で、ゆとりある老後生活を送るには、3300万円から4000万円の資産が65歳時点で必要になりそうです。 「老後はゆとりある生活を送りたいけど、老後の備えとして老後資金の必要額はいくらなんだろう?7000万円ぐらい必要なのかな?」 老後は夫婦2人でゆとりある生活を送りたいと思っているけれど、老後の備えとしていくら老後資金が必要なのかイメージが湧かないという人も少なくないはず。 6000万円ぐらいが目安?」夫婦2人で安定した老後の生活を送りたいけど、老後資金がいくら必要なのかイメージが湧かないという人も少なくないはず。そこで今回は「老後資金は6000万円が目安?夫婦2人で老後資金いくら必要? >>ブログページ, 高額医療費(高額療養費)はいくらから?年齢や収入による条件や制度を使った払い戻しの方法, 宝くじが当たる人には法則がある?!基本の買い方から当選確率が高くなる方法までご紹介!, 年末年始の郵便局営業時間を種類別にチェック、配達期間はどれくらい?【2020~2021年】. 夫婦2人で迎える老後。生活費で苦労したくないから、いくら必要かイメージしておきたいですよね。この記事では、夫婦2人の平均的な生活費と内訳の他、最低限の生活費、ゆとりある生活費について詳しくお伝えします。また、老後の生活費を貯蓄する方法もご紹介しました。 https://money.rakuten.co.jp/woman/article/2018/article_0072 Contents. https://www.danna-salary.com/about-money/golden-years-money 老後資金は5000万円必要? これでは足りない? 夫婦と独身おひとりさまで違いを比較老後に不自由なく生活するうえでいくらくらいの生活費がかかるのか、老後に備えていくらの貯蓄が必要なのかが分からず、漠然とした不安をお持ちの方も多いのではないで 「老後資金は夫婦2人でいくらぐらい必要なんだろう?60歳までの必要額はいくらになるのかな?」 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、娘さんが理不尽な理由で解雇をされてしまい夫の定年後の家計を心配している59歳のパート主婦の方です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。 報告書で記された「2000万円」は、あくまでも高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)で、実支出から実収入を引いた毎月の“赤字”が約5万円になる(総務省の家計調査、2017年)ことから、それが30年間続けば「約2000万円の取崩しが必要になる」と記されていたことがベースになっていました。 ポイント投資をはじめれば、楽天市場でのお買い物にポイントが+1倍になります。, セカンドライフとは仕事を辞めた後の人生のこと。以前はほとんどのサラリーマンが60歳で定年でしたが、近年では65歳が定年というサラリーマンも少なくありません。現役を退き、収入が減ってから必要になるのが老後資金です。, 年金も受け取れますが、支出のすべてをまかなうのは難しいもの。総務省の平成29年家計調査によると、2人以上の高齢夫婦無職世帯について、1ヶ月の平均収入はおよそ21万円、平均支出はおよそ26万円。5万円の不足が生じます。1年間にすると60万円の不足で、この分だけ老後資金を切り崩すことになるでしょう。, 高齢単身世帯では収入がおよそ11万円、支出が15万円なので不足分は4万円です。年間48万円の不足となります。, 楽天証券では個人型確定拠出年金(iDeCo)について、なぜ必要なのか、どんなメリットがあるのかを1からやさしく紹介しています。iDeCo最大の特徴でもある「節税効果」も自分に合わせたシミュレーションができるから、どのくらいお得になるのかまずはチェック, 人生100年時代とも言われる近年、年金の支給開始年齢の引き上げが検討されています。支給額も減っているため、「自分たちがシニアになったとき、果たして年金をもらえるのだろうか…」と不安に思っている方も多いでしょう。, 長く生きれば、それだけお金がかかるのは言うまでもありません。長生きするほど医療費もかかるため、「長生きすることがリスクになる」と言う人もいるほど。とは言え、寿命を自分でコントロールすることは不可能です。セカンドライフに向けて、着実にお金を貯めておくことが大切になります。, 老後資金はいくら必要になるのでしょうか。先ほど説明したように、一人暮らしなら年間48万円、夫婦なら年間60万円の不足が生じます。仮に65歳まで働き、退職後すぐに年金をもらえるとして、100歳まで生きると老後は35年。一人暮らしなら1,680万円、夫婦なら2,100万円の不足です。これだけ見ると、そこまで大変な印象は受けないかもしれません。, しかしこれは、退職後すぐに年金がもらえるケースです。60歳で仕事を辞めて65歳まで年金がもらえないとなると、その分の生活費が必要になります。月にもらえる年金を単身世帯では11万円、夫婦世帯では19万円として計算しているため、5年分となると単身世帯で660万円。夫婦世帯では1,140万円が不足するでしょう。, これを踏まえると、一人暮らしに必要な老後資金は2,340万円、夫婦なら3,240万円です。だいたいの目安と言われる3,000万円というのは、このような計算から導かれています。, ただしこれは平均的な家計をもとに計算しているため、最低限必要な金額と考えるのがベター。定期的に旅行に行くなど、余裕のある暮らしをするにはさらにお金がかかります。さらに、突発的な入院費用や介護費用などは含まれていません。, 老後資金を一気に貯めるのは難しく、長期的なスパンで考えることが重要です。たとえば現在30歳の人なら、60歳まではあと30年。1年に100万円を貯めれば、3,000万円に達成できます。具体的なゴールが見えると貯蓄もしやすいでしょう。, 残ったお金を貯蓄するのではなく、給与が出たらすぐに一定額を貯蓄口座に入れて、残りのお金でやりくりするようにします。給与天引きで貯蓄できる制度があれば、そちらを利用してみてください。, 現在、預貯金ではほとんど利息がつきません。大手銀行の普通預金の金利は0.001%で、100万円預けても1年に10円しか増えないのです。投資にはリスクもあるので、ある程度は預貯金としてキープしつつ、資金の一部を投資に回しましょう。, 投資信託ならコツコツ積み立てることができますし、個別株には配当や優待の楽しみがあります。少額から投資する方法もあるので、チェックしてみるのも良いかもしれません。, iDecoとは個人型確定拠出年金のことで、2017年からだれでも加入できるようになりました。すでに入っている年金にプラスして受け取ることができます。iDecoの特徴は、掛け金がすべて所得控除になること。たとえば月に1万円、年間12万円拠出するとしましょう。すると所得税が5%の人でも、住民税の10%とあわせて年間18,000円の節税になります。, 生命保険のなかには積み立てを目的とした商品もあります。ほぼノーリスクで預貯金を上回る利回りが手に入ることも少なくありません。現在保険に入っている人は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。必要以上の保険に入り、無駄な出費になっていることもあります。, 老後資金を貯めるよう必要以上に不安を煽る論調も見られますが、実際にはそこまで深刻に考える必要はありません。将来は労働環境が変わって高齢者の働き口が増え、元気な高齢者は働きやすくなるでしょう。どうしても生活が立ち行かなくなれば、生活保護などのセーフティネットがあります。老後資金を貯めようとするあまり、現在の生活を疎かにするのでは本末転倒です。無理のない方法でコツコツ貯蓄を増やしていきましょう。, 関西に住む子育て中の主婦です。 お金や不動産に興味があり、日商簿記1級・FP2級・宅建などの資格を独学で取得しました。 記事ではなるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明するよう心がけています。 「老後資金2,000万円」 このフレーズをここ1カ月の間に何回見聞きしたかわかりません。昨今、金融庁が2019年6月3日に公表した金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」(以下、報告書)の内容が世間的に大きく取り上げられ、話題になっています。 「定年後の老後資金が2000万円不足する?」「自助努力って何をやればよいの?」これまで老後資金が不足すると言い続けてきたのは、投資商品を売りたい金融マンか、意識高い系の人だけでした。しかし、そこに国家権力の一つである金融庁が加わったことで、 老後の資金は2000万円などと言われていますが、この2000万円が夫婦で必要なお金なのか?それとも一人2000万円で夫婦の場合は合わせて4000万円なのか?もし老後にひとり暮らしなら一体いくら必要なのか?持ち家がない場合はどうなるの?①老後 独身男性の老後資金には「1000万円」とか... (C) 2018 【いまから始めよう!老後のための資産形成】~40代のサラリーマンの方へ~. 年金2000万円問題が話題になり、老後の生活費が注目されています。年金(収入)と生活費(費用)の不足を論じるには、夫婦や一人暮らしごとに平均どれくらい生活費が掛かり、貯金があるのかなどの分析が必要です。そこで今回は、老後の生活費の平均について紹介します。 1 老後2000万円報告書の検証〜何故2000万円が必要という算出されているのか〜. 「老後資金2000万円問題」が話題になりました。老後資金は2000万円必要ということですが、この2000万円を貯めるのは大変だと感じている人も多いと思います。しかし、たとえ2000万円の貯蓄があったとしても、老後の生活はギリギリでとても豊かな生活とは言えないというデータもあります。