箇条書きのタグのul・liタグは通常縦に並びます。この箇条書きのタグを横2列で並べる方法についてサンプルコードとプレビュー付きで解説していきます。 箇条書きの文字が1行ずつ順番に … 列を追加したり、削除したりしてみましょう! 表を移動してみましょう! プレビュー 01:58. 箇条書きで、階層構造をつけながら入力していくにはどうすればいいの?リボンのボタンを使わず、キーボードのこのキーを使いながら入力すると、楽ちんですヨ。パワーポイント・PowerPointの技! PowerPointでインデントや箇条書きの位置を変更する方法です。 行頭の位置や記号と本文との幅を詰める・広げる際にも利用します。 インデントの位置を調整する インデントされた下のようなスライドがあるとします。 まず前提として、ふたつの設定箇所があるという事を覚えておいてください。 PowerPoint2013で箇条書きをアニメーションで1行づつ表示する方法について書いてみます。 スポンサーリンク : 箇条書きを1行づつ表示する: 1文字づつタイプライター風に表示したい: 箇条書きをクリック … . ©2020 Naotoshi Fujita. プレゼンテーションを分かりやすくするための必須アイテム・箇条書きを、「直列と並列」という切り口から、整理する方法です。さらに、パワーポイントで、箇条書きをビジュアル化する方法も紹介しま … [パワーポイント]箇条書きの文字を次々と表示させる . なぜアマゾンでは箇条書きやパワーポイントが禁止されているのでしょうか。それは箇条書きだと、行間を読むことで、人によって解釈の違いが� This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply. Sorry, but this form doesn't work without JavaScript enabled. この楽ぱそ講座を申し込みまして2週間ほどたちましたが、ワードとパワーポイントをひととおり学習できてすごく自信がつきました。 今までやっていた操作方法よりも簡単に操作できる方法も知ることができたので大変助かります。 パワーポイント基礎【第2章】テーマを変更したり、箇条書きを設定してみましょう! 6個のレクチャー • 14分 【テキスト】【ダウンロードファイル】パワーポイント基礎-第2章-00:03. トップページ PowerPoint 2016で文字列に効果的なアニメーションは、「強調」カテゴリーの文字色や文字書式のアニメーションスタイルを選択するとよいでしょう。箇条書き等の段落単位であれば、[強調]カテゴリーのほぼすべてのアニメーション効果を利用できます。 PowerPoint 2003. [ホーム]タブ[段落]グループにある[箇条書き]の ボタンをクリックします。 3. PowerPoint 2002. PowerPoint2013(パワーポイント)基本講座:箇条書きをアニメーションで1行づつ表示する . 1. PowerPoint(パワーポイント)「行間の広さ調整」・「箇条書き」・「縦書き」・「中央揃え」の編集方法についてご紹介します。今回の4つの作業は全て『「ホーム」タブ』の「段落」より選択する事ができます。PowerPoint(パワーポイント 1. | 「速効!図解 Excel2010 Office2010版」書籍プレゼントが始まりました! », PowerPointのスライドに、型番や商品名などを列挙することはありませんか?4、5行なら問題ないのですが、数が多くてプレースホルダの枠を超える行数ともなると、右側が空いているのに下にばかり箇条書きが伸びることになります。これはなんとも不格好ですね。, こんなときは、Wordの文書のようにプレースホルダを3段組みや4段組みにすると、右の空き部分に自然と文字が回り込むので、体裁よく収めることができますよ。まずは、プレースホルダを選択し、右クリックして、「図形の書式設定」を選択します。「図形の書式設定」ダイアログボックスが開いたら、左の分類で「テキストボックス」を選択し、「段組み」ボタンをクリックします。, 続けて表示される「段組み」ダイアログボックスで「数」に段の数を指定して、「OK」ボタン、「閉じる」ボタンの順にクリックし、設定のダイアログボックスを閉じます。, ここでは3段組みに設定しました。あとは、プレースホルダの大きさを適宜調整して、項目がきれいに収まるように整えましょう。, なお、プレースホルダで段組みの設定ができるのは、2007以降のPowerPointになります。PowerPoint2003以前のバージョンではこの操作はできないため、ご注意ください。, <関連記事>・箇条書きがぎっしりと詰め込まれてスライドが読みづらいhttp://ciao.aoten.jp/ciao/2011/08/post-9751.html#more(↑2段組みにするなら、こちらの方法でもOKです)・スライド本文を図に変換したいhttp://ciao.aoten.jp/ciao/2007/11/post-972a.html#more, |お問い合せ|免責事項|プライバシーポリシー|特定商取引法に基づく表示|利用規約|運営会社|, 木村幸子です。神奈川県在住のテクニカルライター。SOHOには頑丈なパソコンと家族の理解が欠かせません。, 「速効!図解 Excel2010 Office2010版」書籍プレゼントが始まりました! », http://ciao.aoten.jp/ciao/2011/08/post-9751.html#more, http://ciao.aoten.jp/ciao/2007/11/post-972a.html#more. プレゼン資料を作ったけど何かダサい!そんな人へ向けて良い例と悪い例を比較して改善案をいくつか紹介します。わかりやすいプレゼン資料とは何かを情報デザインを学んだ私 … 短い箇条書きを3段組みや4段組みでスライドに表示したい PowerPointのスライドに、型番や商品名などを列挙することはありませんか? 4、5行なら問題ないのですが、数が多くてプレースホルダの枠を超える行数ともなると、右側が空いているのに下にばかり箇条書きが伸びることになります。 All rights reserved. The Power of PowerPoint | 誰でも、見やすく美しいパワーポイントデザインを, パワーポイントデザインで失敗しないために、 これだけはおさえておきたい「色の知識」. 箇条書きにしたのはいいけれど、右側の余白が多すぎてバランスが悪い!こんな時は[段組み]を設定してみましょう。 段組みとは、文章を2段などにレイアウトすることです。今回のような箇条書きや、長文などの配置によく利用されます。 パワーポイントの箇条書き。行頭の記号を数字でふる方法です。 行頭記号を番号・数字にする 段落を選択。(プレースホルダー内全部に適用する場合は枠をクリック) [ホーム]タブの中から[段落番号]ボタンの[ ]をクリックします。 一覧から任意のスタイルをクリックします。 箇条書きを設定したい文字列を選択します。 2. 使い方ひとつで、パワーポイントデザインの表現力は倍増する! 簡単に魅力的なスライドを作るための秘訣, 前回の記事で、箇条書きスライドの見た目を整え、いかに見やすく仕上げるかについてお話ししました。今回は打って変わって、箇条書きスライドを避けるための記事を書きます。いきなり浮気します 笑 前回も書きましたが、僕は箇条書きスライドをよく使いますし、事実サクッとスライドが仕上がるので便利だと思います。 で…, 基礎編総集 – 見やすく美しいパワーポイントを作るための基礎、そのすべてを一つにまとめました, パワーポイントの箇条書きを使いこなして あっという間に見やすいスライドに仕上げる方法, Polaris – Free PowerPoint Template | フリーパワーポイントテンプレート, Pollux – Free PowerPoint Template | フリーパワーポイントテンプレート, Castor – Free PowerPoint Template | フリーパワーポイントテンプレート, 673種類もあるBootstrapのフリーアイコンをパワーポイントですぐに使えるようにしました!, パワーポイントでわかりやすいフローチャートを作るために覚えておきたい知識とテクニック. パワーポイントを1日で習得するコースだったため、内容がとても濃く、講義の途中ついていけるか不安でしたが、少人数制のため取り残されることなく理解できました。今回学んだことを忘れないよう、しっかり復習して、身に着けていきたいと思います。本日はありがとうございました。 箇条書きを編集していて「思い通りにいかない!」と感じたことはないでしょうか。僕はPowerPointを使い始めたころ、このあたりの操作方法がよくわからず困りました……。 ということで、まず初めに箇条書きの操作方法についてまとめておきます。 PowerPointでは、箇条書きのレベルを最大9段階まで設定できますが、あまりレベル分けしすぎると複雑になって分かりにくくなるため、2段階くらいの階層にとどめておくといいでしょう。 Share 記事をシェアする. tweet; pocket; この記事が気に入ったら いいね!しよう. 任意の行頭文字を選択します。 [箇条書きと段落番号]のダイアログボックスから詳細設定. PowerPoint 2000. ここではPowerPoint 2003を使って解説しています。他のバージョンの PowerPoint では、メニューの名称などが異なる場合があります。 テキストのアニメーション. « 箇条書きがぎっしりと詰め込まれてスライドが読みづらい | 簡潔なプレゼンテーションのために箇条書きをうまく使いましょう。スライドにレイアウトされた「プレースホルダー」は、基本設定で箇条書きになっています。 さらに、箇条書きの見せ方のコツをつかんで聞き手にアピールしましょう。 2つのパワーポイントを実際に比較. プレースホルダーに短い単語を整然といくつも列記するには、プレースホルダーに段組みの設定を行うと便利です。PowerPoint2007以降は、2段組みだけでなく、3段組みや4段組みなどの複数の段組みも設定できます。(2ページ目) 今回は、PowerPointで最もよく使われている箇条書きについて書いていきたいと思います。, デザインという観点からは、箇条書きはどうも嫌われる傾向にあるように感じるのですが、実際には使い勝手がよいですし、サクッと資料を仕上げるのにはとても活躍します。, PowerPointのスライドは、新規作成のとき必ず箇条書きスライドになっています。したがって世の中には箇条書きスライドがあふれいていて、非常によく使われる機能なのですが、その調整方法が少しわかりにくいので、完全に理解できている人は多くありません。, この記事を通して箇条書きスライドをマスターし、サクッといい感じのスライドを仕上げてみましょう!, なお、基礎編の知識を必要としますので、お時間のあるかたは是非初めから読んでいただけると理解が深まると思います。, 箇条書きを編集していて「思い通りにいかない!」と感じたことはないでしょうか。僕はPowerPointを使い始めたころ、このあたりの操作方法がよくわからず困りました……。, 一つレベルを下げるには、Tabキーを使います(レベルの番号は上昇しますが、僕は下げると表現します)。逆にレベルを上げたい場合は、Shiftを押しながらTabキーを叩きます。, パワーポイントの段落・行間を克服し、 テキストを自由自在に使いこなすでも説明しましたが、Enterをたたくと新しい段落が形成されます。リスト1つは段落1つと同じですので、Enterを叩くと新しくリストアイテムが作られます。, 同じリストアイテムの中で(同じ段落の中で)改行したい場合は、Shiftを押しながらEnterをたたきます。, Enter 新しくリストアイテムを作るShift + Enter 同じリストアイテムの中で改行する, さて、今度は見た目の調整に入りたいところなのですが、その前に箇条書きについての理解を深めておきましょう。ちょっと複雑なのですが、なるべくわかりやすく説明できるよう頑張ります。, 新規作成でPowerPointを開くと、タイトルの次のページは上のような見た目になっていると思います。「クリックしてテキストを入力」という部分が、皆さんが普段文章を書いている部分ですね。, これは、「コンテンツのプレースホルダの書式に、箇条書きが設定されているもの」です。コンテンツのプレースホルダとは、テキストや図のプレースホルダをまとめたものです。, 「プレースホルダって何?」となってしまう方はスライドマスタ・レイアウト上の特殊な領域、 プレースホルダについて理解するを参照してください。簡単に言うと、テキストや図などを挿入する位置やエリアをあらかじめ決めておく箱のようなものです。, 基礎編を読んでくださった方はピンと来たかもしれませんが、この箇条書きのスタイルを決めているのは、「レイアウト」です。, スライドマスタを開いてみました([表示][スライドマスタ])。第5レベルまでのスタイルが定義されていることがわかります。, また、「レイアウト」には当然親となるスライドマスタが存在しますので、結局箇条書きのスタイルを決めているのは「スライドマスタ」ということになります。, 箇条書きスライドのスタイルはスライドマスタが握っていますが、「レイアウト」上でスタイルを変えることもできますよね。「レイアウト」上でスタイルを変えると、その部分の書式はスライドマスタの設定を上書きます。つまりスライドマスタでの設定より、「レイアウト」での設定のほうが優先されます。, 従って、一度「レイアウト」でフォントサイズを18pxなどにすると、スライドマスタ上であとから40pxに変更しても反映されません。, もし、箇条書きのスタイルを、全スライドを通して同じにしたいのであれば、必ずスライドマスタ上で編集を行い、「レイアウト」上では修正を行わないようにしてください。, PowerPointでは一度「レイアウト」で書式を変更するとスライドマスタの書式は上書きされるため、その後二度とスライドマスタの書式は反映されなくなります。しかし、フォントサイズを「レイアウト」で上書きした場合でも、例えば色の変更などはスライドマスタの書式が適用されます。上書きしているかどうかは、書式ごとに記憶されています。, ちょっとややこしいですね。もし失敗した場合は、一度「レイアウト」を消去し、また作り直せばよいかと思います。, 基礎編ですでにいくつかの内容に触れていますが、おさらいも兼ねて改めて解説していきます。, 箇条書きは、行頭文字1つにつき1つの段落を形成します。したがって、段落間の余白と、行間を変更することで間隔を調整することができます。, 段落・行間について、詳しくはパワーポイントの段落・行間を克服し、 テキストを自由自在に使いこなすを参考にしてください。, とりあえず、なにもせずに文字を入力してみました。上の図がPowerPoint 2010、下の図がPowerPoint 2016の場合です。, 文字がどれだけ大きくても、詰まりすぎると見づらいですね。そこで、段落間の余白と行の高さを調整します。, 箇条書きの書式は、レベル単位で独立しています。第1レベルの書式は、第2レベルには適用されません。, ここでは、どのスライドの箇条書きも同じ書式にすることにします。従って、全「レイアウト」の親であるスライドマスタを開いてください。, しかし、まだ完全に見やすいとは言えません。行頭文字があるとはいえ、どこがどうまとまっているのかがわかりにくいことが一つの原因です。, これは、レイアウトの大原則である「近接」が守られていないためです。近接については、みやすいスライドを作るために100%役立つ レイアウトの基礎知識 – 前編で詳しく解説しています。, そこで、各ブロックごとの「まとまり」を強調するため、段落間の余白を調整したいと思います。, 段落前の値を調整するのですが、これをいくつにすべきかはスライドサイズやフォントの大きさなどを考慮しなければならないので、一概には言えません。, とりあえず、「フォントサイズの80%くらい」を目安にしてください。ここでは42ptにしてみました(なお、この記事のスライドサイズは50.8cm28.57cmという大きなサイズを使っています)。, すると、上のように2つ目のブロックの前に余白ができました。本当はもう少し開けたいところですが、フォントサイズが大きいままなので、ひとまずこれで良しとします。, 間隔の調整で、なんとなく見やすくなってきたのですが、まだまだ改善の余地があります。, 今度は、「第1レベル」と「第2レベル」の差がわかりにくい点に注目してみます。これは、コントラストがついていないため、2者の区別がつきにくくなっていることに起因します(みやすいスライドを作るために100%役立つ レイアウトの基礎知識 – 後編)。, サブテキストカラーというのは、メインで使っている文字の色よりも目立たなくした、例えばライトグレーなどのような色のことを指します。詳しくは、パワーポイントデザインで失敗しないために、 これだけはおさえておきたい「色の知識」を参照してください。, フォントサイズについては、パワーポイントに最適な フォントサイズの決め方と使い方で解説していますが、とりあえず一回り小さな大きさにしてみました(50ptから40ptまで下げてみました)。, また、第1レベルはテキストカラー(ダークグレー)、第2レベル以降のすべての文字はサブテキストカラー(ライトグレー)に変更しました。, 結果、上の図のように第1レベルと第2レベルの差がはっきりわかるようになります。やっぱり全体的にフォントサイズを下げたくなってきますね。, 箇条書きの行頭文字を変更したり調整したりするには、ホームリボンの中のリストアイコンを選択します。, 行頭文字も各レベルでバラバラな記号を使うとデザインが統一されませんので、ここは思い切ってすべて●にしてみます。, 数値で調整する場合は、[段落]の[インデント]という項目で行います。ところが、数値による調整は直観的でなく、非常に使いづらいので、ここではルーラを使いましょう。, 何もない適当なところで右クリックして、[ルーラ]を選ぶと左と上にルーラが出現します。某瞬間移動呪文ではなく、Ruler(日本語では定規)です。, 左のつまみ 第1レベル全体を左右に移動する右のつまみ 行頭文字はそのままに、テキストだけを左右に移動する, これを使えば、直観的に間隔を修正することができます。第2レベルの場合も同じように調整します。, 最後に、行頭文字の色を変えてみましょう。必須ではありませんが、第1レベルの行頭文字をメインカラーにすると、よりはっきり情報の優先度が整理されます。, 行頭文字の体裁を変えたいレベルを選択したうえで、先ほどと同じリストアイコンを選択し、一番下の[箇条書きと段落番号]を選びます。, そうすると、[箇条書きと段落番号]が開きますので、そこで左下にある「色」を選びます。ここではメインカラーにしてみました。, さて、ここからは前回までの知識を使って、全体的な調整を行って完成としたいと思います。, スライドマスタ上でフォントの大きさや各要素の位置、ヘッダやフッタの調整などを行った結果が上の画像です。, フォントサイズはパワーポイントに最適な フォントサイズの決め方と使い方で説明したものを、タイトル、第1レベル、第2レベルの順に適用しました。第3レベル以降は適当に一回り小さくしてあります。, スライドマスタで編集してあるので、これ以降作成する「レイアウト」やスライドはすべてこの箇条書きスタイルが適用されます。, 箇条書きスライドは、得てして文字ばかりのスライドになるため、見た目はあまり華やかになりません。この話はまた別の機会にするとして、文字が多くなることをある程度許容しつつ、なるべくごちゃごちゃしないように気を付ける点についてまとめていきたいと思います。, レベルが深くなると、何がどう関係しているのかわけがわからなくなるので、箇条書きは第2レベルまでの使用にとどめましょう。, どうしても第3レベルが必要になるときは、注釈として記載するなど、別の方法を考えるのが良いと思います。第3レベルが必要になるときは、たいていの場合スライドの分け方やレイアウト方法が間違っていると考えてください。, 第1レベルは多くても3つまでにしましょう。たとえポイントが5つあったとしても、どうせ同時には理解できません。, 同じレベルの中で、上のように文章と体言止めを混在させることは避けましょう。文章にするならする、体言止めにするならするで統一します。, 文字数を少なくするために体言止めを推奨する人もいますが、僕はあまり気にしません。無理して体言止めを行った結果、意味の分からない内容になるより、きちんと文章にした方がわかりやすい場合も少なくありません。, 箇条書きについて長々と書きましたが、調整方法がわかりにくいだけで、覚えてしまえば大したことはありません。, 今回は説明の都合で順序が逆になってしまいましたが、自分でやるときは次の順番で調整するとよいと思います。, さて、次回は箇条書きスライドからどのようにして脱却するかについて書いていきたいと思います。.